建築工房小越

古さ

2020-08-06

当ブログをご覧の紳士淑女の皆様

ご無沙汰しておりました!!

 

新型コロナウイルス

収束どころかぶり返してきましたね

貰わない・うつさない

マスク・手洗い・うがい

毎日徹底していきましょう!

 

では本題に

みなさんは「古い」という言葉にどんな印象をお持ちですか?

どちらかというとネガティブな印象が多いのではないでしょうか?

 

17年か18年ほど前にとある島で、とある住宅を設計監理させていただいたことがありました

個で請けたため休日に打合せ

現場が始まれば仕事終わりに通う

図面に半年、現場に半年

本当に楽しい1年間でした

 

その時に学び今も変わらない考えがあるんです

 

「古い」というのは決してネガティブなことではなく

むしろ人の手では絶対に作り出すことのできない大事なもの

 

古く見せることは出来ます

造られた古さですが

 

時間の経過でしか作ることが出来ない「古さ」こそ

人が作った物にさらに魅力を与える

 

家を建てられた方も

これから建てる方も

家づくりそのものをまず楽しんでいただき

完成してお住まいになってからも

床や家具、照明などの経年による魅力を感じていただけたら

嬉しいです

 

以下最近の事務所での出来事を少し

S氏にミスを指摘され泣いています

担当したN浦様よりお礼のお手紙をいただき

「僕が泣いているところを撮ってブログにあげてください」

と笑顔でお願いされました

約束通りあげましたよ(笑

 

でも本当に喜んでいました

N浦様ありがとうございました

 

少し見えにくいですが

メジャーをポケットに掛けてる様子です

「これで僕も工務ですね」

工務にあこがれる山下さん

「それベルトに掛けるものですよ」と笑われてました(笑

 

長野

 

 

Copyright@ OGOSHI. All Rights Reserved.