建築工房小越

HOME > 社長ブログ > 愛媛高気密高断熱

愛媛高気密高断熱

2015-05-01

015 (2)

 

モイス(構造用面材)での気密工事

建物の気密を上げるために構造用面材の面に気密テープで施工していますモイスのつなぎ目は当然ですが屋根との接合部分の野地板や母屋などの出入りが多くて施行しにくい部分も丁寧に工事をします。窓の周りも結構隙間があるので気密テープで施工します。

 

001 (5)

 

タイベックドレンラップシートで防水工事

ドレンラップシートとは防水シートですが排水機能付きの特殊な防水シートです。モイスの上に貼っていきます。表面にシワのあるシートです。万が一EPSボードの内側で結露を起こしてもこのシワに沿って結露をした水が排水する構造になっています。

 

このシワは2tの力で押しても潰れないそうですが施工の時に伸ばして貼ってしまえばその機能も台無しです。シートをモイスに留めるホッチキスのような金物も流れに沿って打ち込まなければ流れの妨げになります。

 

001 (7)002 (5)010 (8)

 

EPSボードでダブル断熱工事

ドレンラップシートの上にEPSボードを貼ります。左から外側の加工です。窓の周りとかコーキングを充填するところをかぎこんで施工します。この部分にコーキングを充填します。通常の施工では窓まわりとEPSボードを空かして貼りその隙間にコーキングを充填しますが。断熱欠損を起こすので当社は画像の施工をしています。

 

真ん中の画像は窓まわりに接触する所の施工です。この加工をしないで貼ると窓まわりは反って仕上がります。

 

一番右の画像はEPSボードを張った画像です。かなり凹凸がありますが断熱欠損が起こらないように施工しています。

 

 

このように同じ材料を使って建築をしても施工の方法で性能にかなりの差が出ます。

 

 

 

Copyright@ OGOSHI. All Rights Reserved.