建築工房小越

HOME > 社長ブログ > オープンハウス完全予約見学会

オープンハウス完全予約見学会

2015-11-27

蟆剰カ翫そ繝ャ繧ッ繝・_X0A5497建築工房小越_1_09

               日本のモダニズム住宅

蟆剰カ翫そ繝ャ繧ッ繝・_X0A5538蟆剰カ翫そ繝ャ繧ッ繝・_X0A5547

              南欧風(プロバンス)住宅

IMG_7117IMG_7118

      外気温と室温              室温と床下の温度

 

期間限定オープンハウス 

 

上の二種類の日本のモダニズム住宅と南欧風住宅は期間限定のオープンハウスです。デザイン的にも見ごたえのある住宅です。日本のモダニズム住宅は床材には楽器に使われているアッッシュを床材に使用して窓枠やカウンターにはタモ材の無垢を使用しています。

 

タモ材は硬い木で乾燥時に強い力で反りますが昔ながらの大工の技術で板の裏側に蟻桟を入れています。蟻桟は大工の伝統的な技術ですが最近の大工さんはそういう加工ができない人が多くなりました。見えない処に手間暇をかけた住宅です。

 

見えない処といえば断熱材と気密にも手間暇をかけています。断熱はセルロースファイバーとEPSボードのダブル断熱で今朝の最低気温は5度と今年一番の冷え込みでした。画像の撮影は夕方7時前で外気温が9度で室温は21度です。

 

その時の床下の温度は20.1度でした。空調には1階に3.6Kのエアコン1台で賄っています。この時の2階の温度は21.3度でした。この住宅にはHEMSを設置しています。本日の光熱費が表示されますが0時から7時前までの空調費は38円でした。すごく燃費のいいランニングコストのかからない住宅です。どの部屋も温度差がないので温度差によるヒートショックの心配もありません。

 

上から2段目の南欧風住宅は若い女性が憧れる可愛い雑貨が似合う住宅です。床にはパインの無垢材を使用して表面にはドイツの自然塗料のオスモをしみこませていい雰囲気に仕上がっています。まるでおしゃれな雑貨屋さんのような雰囲気なので一度ご覧いただければと思います。

 

もちろんどちらの家も壁にも自然素材を使用しています。南欧風住宅には土佐漆喰を日本のモダニズム住宅にはドイツのプラネットの自然素材を使用しています。

 

このお宅は家に一歩入ると木の香りと春先のような温度で迎い入れてくれます。期間限定で見学会をしておりますのでこの機会に是非、ご覧いただきご体感して下さい。

 

スタッフ一同、心からお待ちしています。

 

完成見学会は11月28日(土)29日(日)12月5日(土)6日(日)の4日間限定です。なお完全予約制です。

 

                     見学会の予約はこちらから

 

 

Copyright@ OGOSHI. All Rights Reserved.