tel.0898-32-2120 Open 9:00 ~ 18:00

tel.0898-32-2120 
お気軽にお問い合わせください。

HEAD OFFICE - 本 社 -
〒794-0007 
愛媛県今治市鐘場町1丁目2-7
営業時間:9:00 ~ 18:00

MATSUYAMA OFFICE - 松山オフィス -
〒790-0062 
愛媛県松山市南江戸1丁目5-2
営業時間:9:00 ~ 18:00

Copyright©OGOSHI. All Rights Reserved.

PERFORMANCE高性能住宅+省エネ住宅

HOME > 高性能住宅+省エネ住宅

エアコン一台で家中快適な温度を実現

エアコン一台で家中快適な温度を実現するために、HEAT20G2以上の性能の家を全棟で行っています。
日本には「耐震」に関して、世界で類を見ないほどの厳しい基準があります。一方で「断熱」には建築基準法で明確にはしめされていません。高気密・高断熱と言っても、基準が定かではないのが今の現状です。ローコストメーカー、大手ハウスメーカー全ての建築会社が「高気密・高断熱」という言葉を使用しています。言葉は同じでも中身は一緒なのか?一番大切なことは、明確な基準をもとに、根拠のある住宅性能のある家をご提案することだと私たちは考えます。その一つの基準がHEAT20G2基準の家づくりです。
「HEAT20」とはどんな基準なのか?
一般社団法人 20年先を見据えた日本の高断熱住宅研究会 が定めた基準です。

地域区分 1(北海道) 2 3 4 5 6(愛媛) 7(愛媛) 8(沖縄)
HEAT20G2 0.28 0.28 0.28 0.34 0.34 0.46 0.46
HEAT20G1 0.34 0.34 0.38 0.46 0.48 0.56 0.56
ZEH 0.40 0.40 0.40 0.60 0.60 0.60 0.60
2020年
義務化基準
0.46 0.46 0.56 0.75 0.87 0.87 0.87

上記の表の通り、ZEH基準をはるかに上回る性能の家、それがHEAT20の基準です。

HEAT20G2基準の断熱性能をクリアするためにはどれくらい断熱をすればいいのか

建築工房小越では、壁充填断熱+外張り断熱のW断熱を標準としています。
外壁だけではなく、屋根、床に至るまで高性能な断熱材で家中をしっかりと包み込むことで、ZEH基準をはるかに上回るHEAT20G2グレードの家づくりを全棟で行っています。

断熱とともに大切な気密性能

断熱とともに大切なのが気密性能です。
気密性能は、相当すき間面積(C値)で表します。延床面積あたりの隙間の面積の割合で、単位は㎠/㎡です。どんなに断熱性能をあげても、気密性能が悪く、外気の影響を受けやすい家だと、断熱性能の効果が薄れ、冷暖房が効かなくなり、省エネルギーの家とはいえなくなります。建築工房小越で建築する家はC値0.5㎠/㎡未満での施工を標準としています。

LCCM住宅とは

LCCM住宅

年間CO2排出量をゼロにする「(ゼロ・エネルギー・ハウスZEH)」より、更に高いエコ品質が求められる新築住宅の新しい評価基準です。 これは、年間CO2排出量がゼロというZEHをはるかに超える国土交通省が目指す新築住宅です。