建築工房小越

HOME > スタッフブログ > 進行中現場のご案内⇒⇒東予編

進行中現場のご案内⇒⇒東予編

2018-05-30

昨日 “郷新屋敷の家” が上棟しました。

 

家が組みあがっていく様子は圧巻です。

お天道様も味方をしてくれた上棟日、

工事の安全、建物の無事を祈願しました。

住まわれるお施主様の上質な暮らしのため、

現場一丸となり工事を進めてまいります。

続いてこちらは通り沿いに建築中の“馬越の家”。

 

玄関ドアは重厚感ある両開き。

お客様の大切なドアには分厚い養生を施しています。

屋内にはセルロースが積み上げられています。

本日からセルロースを天井面・壁面に隙間なく丁寧に吹き込んでいきます。

断熱性・防音性等が期待できます。

当社で採用している外断熱のEPSボードもこれから施工していきます。

下の写真では、透湿・防水・遮熱シートのタイベックシートが見えています。

その下から垂れて見えているのは、塗り壁の下地となるガラス繊維のネット。

下からボードを巻き込むことで、塗り壁も外壁側だけで止まることなく

厚みのある下地材の下側(底面)まで施工することができるのです。

そしてこの下の写真の中央に白い光が三つあります。

少々見辛くて申し訳ないのですが、

トリプルガラスなのでスマホのライトが三枚分に反射して写っています。

当社のこだわる高断熱の家。

断熱工事の様子も今後お伝えしたいです。

今治市内続きます。

“横田の家”。

すっきりとしたデザインの中に落ち着きある洗練された雰囲気が漂う外観が

あらわになってきました。

こちらは断熱工事済みの現場ですが、屋内と外との温度が違います。

屋内は物凄く気持ち良いです。

内側はロックウール。

美しい仕上がりです。

今治市最後の現場

こちらは明日より基礎工事です。

市内からも近く、美しい緑に囲まれた場所です。

午後からは新居浜方面へ出向きました。

まずは“滝宮の家”。

基礎工事中です。

贅沢に土地を使った平屋建てです。

6月20日の上棟予定です。

6件目に紹介させて頂くのが、

間もなく完成予定の“庄内の家”。

家族が使うスペース重視の片付けやすい間取りの家です。

勾配天井の大空間はシンプルに白で統一されており、

より広く見えます。

最後に紹介するのが“郷の家”。

こちらもただ今基礎工事中です。

一階部分充実の安定感のある外観です。

以上長くなりましたが、最後までお読みいただき

有難うございました。

次回は松山編をお届けしたいと思います。

現場管理も大変な梅雨時期ですが、

皆様におかれましては食中毒など起こりやすい時期ですので

体調管理も併せてお気を付けください。

 

Copyright@ OGOSHI. All Rights Reserved.