建築工房小越

HOME > スタッフブログ > 収納計画

収納計画

2018-06-29

本日は、工事も終盤の今治の現場を収納中心でご紹介いたします。

こちらの現場はお客様のご要望で綿密な収納の打合せをさせていただきました。

シューズクロークは広さもありますが、無駄なくスペースを使うため

置く予定のモノもあらかじめ採寸の上計画しています。

もちろん靴の他、傘、コートなども収納できます。

特に大きなもの(アウトドア用品やスーツケース、ひな人形など)は

このようにきちんと置き場所を決めておくとすっきりします。

ここでは写真のように、家事動線上に掃除機収納を設置しております。

立てて収納、そのまま充電もできるよう計画しております。

特に掃除機は動線上にないと、出し入れの不便さから

つい後回しになってしまう可能性(危険性?!)もあります。

もうひとつ気を配りたいのはお子様の動線からみた収納計画。

ともに過ごすのは、生まれてから高校3年生までの18年間という短い期間かもしれませんが、

それぞれの年代で所有物も変わってきますので

ある程度の可変性は必要になってきます。

それぞれの年代に合わせた、しまいやすさを重視した収納計画が必要です。

こちらは、洗面所前にお子様専用の収納が配置されています。

もちろんお客様の動線とはかぶりません。

未就学児ならおもちゃ、小学生はランドセルや習い事のバッグ、

中高生は部活動の道具やとても重たい教科書や参考書など。

すぐに小さくなる洋服も含めて見直す時期に(お子様目線で使いやすいよう)見直して、

散らからない工夫が必要です。

こうしたお子様専用の収納は適所にあるととても便利ですね。

 

こちらはスペースを余すことなく使ったウォークインクローゼット。

大容量、そして小物類まで収納できるよう考えられています。

大工工事で可能な限りこのようにお客様のご要望にお応えさせて頂いております。

家事室も大きな窓から差し込む朝日が気持ちの良いスペースとなっております。

こちらは、壁面に折り畳み式のアイロン台を設置予定です。

現場でははキッチン組み立て中。

ブラックの天板に白い扉がかっこいいです。

外観はグレーの塗り壁で、破風や軒天のブラウンとマッチして

シックで落ち着きのある佇まいのお家です。

以上、現場は進行中のため多少分かり辛い写真で申し訳ありませんが、

一部ご紹介させていただきました。

 

Copyright@ OGOSHI. All Rights Reserved.